酵素が与える妊婦への影響と酵素の飲み方

酵素が与える妊婦への影響と妊娠中・授乳中の酵素の飲み方

 

酵素,妊婦,影響,妊娠中,授乳中,飲み方

 

妊娠中や産後の体型維持やダイエット、お肌の美容目的として、酵素サプリを摂り入れたいと考えている方の中には、赤ちゃんや母乳への影響など多くの不安があると思います。そこで、酵素が与える妊婦への影響と、妊娠中・授乳中の酵素の飲み方について紹介してみます。

生酵素サプリは妊娠中、授乳中に飲んでも大丈夫?

 

酵素,妊婦,影響,妊娠中,授乳中,飲み方

 

授乳中に食べるものは、赤ちゃんに湿疹が出たり母乳嫌いになってしまったりと、悪影響が及ぼされます。例えば、脂質や乳製品、カフェイン等は摂り過ぎないようにする必要がありますが、生酵素サプリは健康食品であり医薬品ではないので、飲んでも悪影響になる事はありません。

 

ただ、個人差があるのと、サプリには様々な成分が含まれてるので、アレルギーがある場合等は控えます。

 

ダイエット目的で飲む場合

ダイエット目的で飲む場合は、適度な酵素ファスティング(断食)を行う事は避けるようにします。特に、授乳中は栄養分が必要な時期であり、無理なダイエットは体に負担をかけるので、母乳の質が悪くなります。

 

断食を行う目的で使用するのは、おすすめ出来ません。酵素の効果を得るために、大量に摂取するのは良くありません。

 

母乳に良い影響

適度なファスティングで栄養分が不足するのは駄目ですが、酵素は母乳に良い影響を与えます。母乳には酵素が含まれていて、母乳で育った赤ちゃんは免疫物質を受け取る事で、虫歯や感染症等の病気に罹りにくくなります。メタボリックの発症率が低くなったと言う報告もあります。

 

母乳はお母さんの血液から作られるので、酵素を摂る事で血液から不純物を取り除くデトックス効果が期待できます。それにより、母乳が綺麗になるなどの良い影響が出たり、母乳の出が良くなったりします。

 

体温を上昇に役立つ

妊娠中の女性にとって、身体の冷えは大敵で体内の赤子の成長に深刻な影響を与えてしまいます。母親の体温は36.5℃より下がらないことが望ましいですが、妊婦さんがカラダを冷やして低体温の状態になると、早産のリスクが高くなってしまいます。

 

しかし、現代は食べ物や冷房設備、薄着の流行により体温を維持することが難しくなってきています。なので、厚着をしたり体温を下げる食品を食べない、冷たいものを触らないなどの対策が必要になるのですが、妊娠前から冷え性の人が体温を上げるのは難しいことです。

 

そんな時は、酵素を飲むことで解決できる場合があります。酵素には、人間の代謝を向上してくれる効果が期待できるので、それにより体温の上昇にも効果的なのです。さらに、補助的な役割としてですが、カラダの内部から体温上昇しやすい体質にしてくれます。

妊婦の体重増加防止に酵素が良い理由

 

酵素,妊婦,影響,妊娠中,授乳中,飲み方

 

妊婦さんの体重増加防止に酵素が良い理由は、便秘解消が出来るからです。

 

消化を助ける

消化酵素は、体の中の食物を消化する補助をしますが、妊婦さんのほとんどがつわりで苦しみ栄養を摂りたくても摂れない事があります。この時に酵素を摂る事で、食品を素早く消化する事を助けて胸のむかつきを押さえる事ができます。

 

それにより、お腹が大きくなり胃や腸が圧迫されて上手く消化が出来ない時でも、食べ物の消化を補助してくれます。腸は栄養を吸収する大切な器官で、酵素を摂る事で消化機能が活性化するため、便秘の解消が期待出来ます。

 

妊婦さんは、妊娠後期になると便秘に悩む人が多くなるため非常にメリットです。

 

デトックス効果

妊娠前は色々な運動を行っている妊婦さんでも、妊娠してからは今まで通り行うのは不可能です。汗を掻いて運動を行う事がなくなると、体外に有害な毒素を排出しにくくなります。

 

酵素にはデトックス効果もあり、赤ちゃんからの毒素と自分の毒素を排出するので、体への負担は減り肥満状態に陥らないような体質になります。酵素そのものには痩せる成分は入っていませんが、消化酵素や代謝酵素、食物酵素を増やす事が出来て、痩せやすい体質になります。

 

つまり、リバウンドしにくい体質になり、体の根本から代謝の良い体質に変えてくれます。

妊婦の美容維持に酵素が良い理由

 

酵素,妊婦,影響,妊娠中,授乳中,飲み方

 

妊娠中は、ホルモンバランスが急激に変化していき乱れやすい時期です。ホルモンバランスが乱れると、肌のトラブルを起こしやすくなります。今までニキビ等で悩んでいなかった人が、急にニキビが出来て悩む人もいます。妊娠によるホルモンの増加を避ける事は出来ないため、他の事で肌質の改善を行う必要があります。

 

体内環境を整える

美肌には、UVケアを行う事も大切ですが、最初は体内から改善する必要があります。そこで、肌の調子を整えるのに直結するのが、腸を健康にして美しくする事が大切になります。

 

腸を健康にするには、酵素ドリンクが最適です。酵素には、美肌作りをサポートしてくれる成分が沢山入っているため、酵素ドリンクを飲むだけで体の内側から美肌作りが期待できます。色々な食品を発酵させて作られているため、普段の食事からは摂取出来ない栄養素を摂る事も出来ます。

 

栄養補給

つわりの時は、特に食事から栄養素を摂取出来ない場合が多いため、肌トラブルを起こしやすくなります。このため、補助食品として酵素ドリンクを飲むようにすると、肌トラブルを避けられます。

 

妊娠中に食事の量を増やすと体重が増えやすいですが、栄養はきちんと摂取する必要があります。なので、酵素ドリンクは栄養素を補う面からも重要です。

つわり中の酵素の摂り方とは

 

酵素,妊婦,影響,妊娠中,授乳中,飲み方

 

通常の酵素ドリンクは、夕食や昼食等の食事を酵素ドリンクに置き換えてダイエットをしますが、妊娠中の特につわりのある時には、悪影響が出てしまうため控えることをお勧めます。

 

朝食を酵素ドリンクに置き換える

つわり中の酵素の摂り方とは、朝食を酵素ドリンクに置き換えるだけに留めておきます。プチ断食でも酵素のダイエット効果は十分実感出来て、必要な栄養は酵素ドリンクで足りているので、普段の朝食よりも確実に摂取カロリーを減らせます。

 

飲み方をしっかり確認する

酵素ドリンクの飲み方は酵素商品により変わり、デトックス効果を実感する前にしっかりと確認をして、安心して酵素を使うようにします。不明な点は販売元に連絡をすると、丁寧に教えてもらえます。酵素は栄養価の高い補助食品で、100種類以上の天然の食材から恵みを受けて、健康的な妊娠ライフを送れます。

 

小腹が空きそうになったら飲む

小腹が空きそうになったら飲む方法もありますが、酵素ドリンク自体にもカロリーはあるため、飲み過ぎには気を付けます。小腹が空きそうになったらお菓子を食べる代わりに酵素ドリンクを飲みます。重要な事は、小腹が空いたらではなく小腹が空きそうになったら飲む事です。

 

空いてしまった後に飲んでは、酵素ドリンクを飲んで満腹感を感じる前にお菓子に手が出てしまう場合があるためです。食事制限をする事にも繋がるので、小腹が空く前に飲みます。

妊娠中は酵素ドリンクと酵素サプリメントどちらが良い?

 

酵素,妊婦,影響,妊娠中,授乳中,飲み方

 

妊娠中は、酵素ドリンクと酵素サプリメントのどちらが良いのか迷う方も多いと思いますが、妊娠中の時期や酵素を摂り入れる理由により異なります。

 

ダイエット目的

ダイエット目的の場合は、酵素ドリンクの方がおすすめです。妊娠中に、1食丸々置き換えるのは適していないため、部分置き換えで朝食のパンや夕食のご飯を酵素ドリンクに置き換えます。3食きちんと食事が摂れていれば、酵素ドリンクは一定の満腹感が得られます。

 

酵素を摂っていても、カロリーを摂り過ぎていると体重を維持したり体重を減らす事が出来ないです。このため、ある程度の食事管理は必要です。部分置き換えを行うと、トータルの摂取カロリーを抑えられます。

 

つわりの時期

つわりの時期は、酵素サプリメントがおすすめです。妊娠初期にはつわりになる人が多く、食事から酵素を摂取する事が難しいです。酵素ドリンクは飲めない場合がありますが、酵素サプリメントなら臭いや味を気にする事がなく飲めます。また、酵素ドリンクに比べると、カロリーを抑える事も出来ます。

 

ただし、酵素サプリメントでは、ファスティングは出来ません。妊娠中に断食ダイエットを行うのは駄目で、健康目的で飲むのであれば酵素ドリンクでも酵素サプリメントでもどちらでも大きな差はありません。

まるっと超熟生酵素の購入はこちら!口コミ評判・効果も掲載トップページへお肌の美容を維持したい方、スリムな体型をキープしたい方は、トップページでまるっと超熟生酵素の詳細をチェックしてみてください。